<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『てすさびするふたり(カード・プレイヤーズ)』 by クロヴィス・トルイユ | main | "Fast Car" by Tracy Chapman(『ファスト・カー』 by トレイシー・チャップマン) >>

詩『ハイキング:Go On A Hike』

0
    Mに
    おくれるかもしれない。事前にそうつたえてある。だけどすこし不安だった。その境内の一角、駐車場に1台のバスをみとめてようやく安心する。みんな、もう、のってまっていた。遅刻をとがめるような囃し言葉にはにかんで、空いている席のひとつにすわる。Nはやっぱりやすんだという。わざわざここまできてその旨をつたえたという。けがをしたのだからしょうがない。でも残念だよね。ようやくのこと担任がのりこんで、出欠を確認しようとする。まだここにきていないものがいる。もうしばらくまつか。でも、わたしたちには一体、だれが遅刻しているのかわからない。わかっているのはNのことだけだ。そしてなかのよいわたし達はみんなここにいる。トイレにいきたいやつはいまのうちにいっておけ、もらしてもしらないからな。担任のことばをせせらわらいながら、いくものもいかないものもバスをおりる。いい天気だ。そして駐車場にあるのはこのバス1台きりだ。だれともなく、ボール投げがはじまり、いつのまにか全員参加のドッジボールになる。まちびと達がこようとこまいと関係はない。今日の目的地はここでいい。そんなおもいが歓声のなかにこだまする。
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ