<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『無題といふ題:A Title, Untitled』 | main | 『雪祭り / Snow Festival』performed by bonobonos return >>

"Falling" by Julee Cruise(『フォーリング』 by ジュリー・クルーズ)

0
    ギターの響きは甘美でノスタルジックに響く、
    声は精妙で気高く、ここに神を誘っても決して不思議ではない。
    でも、なにかがちがう。


    いまここできずつけないで
    みずからをおいつめないで
    だってあなたをみていたいから
    そうすればえがおもみれるから


    そらはいつまでもあおく
    くもはながれる
    でもなにかがちがう
    これって恋なのでしょうか


    いまここできずつけないで
    みずからおいつめないで
    だってあなたのくちづけはあまく
    そうすればあなたのあたたかさもかんじられる


    ほしぼしはかがやくことをやめず
    やまやまはいまだにそびえる
    でもなにかがちがう
    これって恋なのでしょうか


    おちる
    墜ちる
    おちる
    堕ちる
    おちる
    陥ちる
    これが恋なのでしょう


    音楽が顕し得るモノとまったく違う心象を抱いてしまうのは、この作品が、デヴィッド・リンチ / David LynchによるTV番組『ツイン・ピークス / Twin Peaks』の主題歌だから、でしょうか。その番組の世界観がまざまざと思い起こされて、この曲の深部になにか得体のしれないモノがあるかの様に感じてしまうのです。
    「ハート / Hurt」と謂う語句を、精神的なもの、内面に向けての行為と考えたいのですが、ややもすると、肉体的、外傷的な行為とも解釈できる、そんな誘惑にかられます。
    最終行を誤訳と思われるかもしれませんが、敢えて、この様にしました。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ