<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『聖アントニウスの誘惑』 by ポール・デルヴォー | main | "Falling" by Julee Cruise(『フォーリング』 by ジュリー・クルーズ) >>

詩『無題といふ題:A Title, Untitled』

0
    おもうものはいくらでもある
    かんがえねばならぬことはいくつもある
    だけど
    そのひとつもいっこうにかたちにはならないし
    そのひとつもけっして進展しない

    ゆめはみる そこでなんどとなくくりかえされる
    場所やひと 天候や日時 すこしづつかたちをかえて

    おもいだすのはいつもあのときのことばかりだ
    もういちど くやまないわけにはいかない
    ああ、いやだ

    だからにげたいともおもう
    そしておさないあのときにみた光景をみたいとおもう

    でも、もうそれもないのかもしれない
    つまりはにどとおがめないあのときのゆめ
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ