<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『イーゼルの前の自画像』 by レンブラント・ファン・レイン | main | "Valentine's Day" by David Bowie(『ヴァレンタイン・デイ』 by デヴィッド・ボウイ) >>

詩『ずれる:Slipping Off』

0
    にくしみとはそのようにしてはじまる

    ボタンのかけちがえ
    いやいや、そんなにおおきなものではない
    だれのめにもあきらかなものではない

    たとえば、みぎめとひだりめをまちがえてみすみすたからのやまをのがすこと
    それほど無知蒙昧が契機となることはある
    だがそれだってほんの機転をかえせばただのわらいばなしさ

    せまいほそいみちをのぼりつめていく
    ふみしめたあしのいきおいからちいさないしがころがりおちる
    さぁ、それがふもとのむらにいったいなにをもたらすのか

    未然に阻止するのはほぼふかのうだ
    いまとなってはと、あのときをくやむ
    だからといって、それがわかったといって
    このふたりにうずまくあらゆるものをとどめることはだれにもできない
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ