<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『春眠:Sleeps In Spring』 | main | 『たんぽぽ / Dandelion』performed by bonobonos return >>

"Don't Dream It's Over" by Crowded House(『ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー』 by クラウデッド・ハウス)

0
    前回とはポール・ヤング / Paul Youngつながり。

    from the album "Crowded House" by Crowded House

    ここに自由はあるのだろうか
    ここに自由はないのだろうか
    まるで紙コップで氾濫をおしとどめようとするような
    たたかいははじまる
    しかもそのおおくはうしなうばかりさ
    しかもきみはそのおわりがみえない
    ぼくとたびをつづけるかぎりは


    ねえねえ、あのさぁ
    ゆめがおわったなんておもうなよ
    ねえねえ、あのさぁ
    この世がはじまるとともに
    あいつらはやってきて
    ぼくたちふたりのあいだに壁をきづくのさ
    あいつらにはまけやしないっとはおもっているけどさ


    いま、くるまにのってぼくはたびをつづけている
    やねにあながあるあのくるまさ
    ぼくには、なんの証拠もないくせに疑念ばかりがわきおこる
    きょうの新聞にあるのは
    戦争のはなしと浪費のはなし
    でもきみはラテ欄をめくるのさ


    ねえねえ、あのさぁ
    ゆめがおわったなんておもうなよ
    ねえねえ、あのさぁ
    この世がはじまるとともに
    あいつらはやってきて
    ぼくたちふたりのあいだに壁をきづくのさ
    あいつらにはまけやしないっとはおもっているけどさ


    だからぼくはまたあるきだした
    ドラムの連打とともにさ
    きみのこころのとびらまであと何歩かななんてさ
    あとをついてくるのはかげだけ
    かろうじて屋根だけはかたづいた
    これですこしは解放されたようなきもするだろう


    ねえねえ、あのさぁ
    ゆめがおわったなんておもうなよ
    ねえねえ、あのさぁ
    この世がはじまるとともに
    あいつらはやってきて
    ぼくたちふたりのあいだに壁をきづくのさ
    あいつらにはまけやしないっとはおもっているけどさ


    やつらにだけはかたしちゃだめさ

    メロディは親しげなのに、歌われている内容は意外とシビアです。
    コーラス部だけに注視すると励まされている様な心地になるのですが、要求されているのは、それ以上のモノなのかもしれません。
    歌詞に2度登場する「アヘッド / Ahead」と謂う単語の(解釈の)使い分けが、すこし難しいなぁと思います。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ