<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BOSE【音ネ申】ポさんを紹介します | main | 『江戸切絵図散歩』 by 池波正太郎 >>

短歌:励ム君ヲ詠メル

0

    風吹きて 雲流るるも 春は来る 膨らむ蕾に 重なる夢を
    るい詠める

    訳:
    Even if wind blows and clouds flow, your spring will come soon.
    When buds swell out, your dreams come true.
    風が吹いて雲が流れていたとしても、いずれ春は来る。
    蕾が膨らむ時に、あなたの夢が実現します。
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 21:25 * comments(2) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 21:25 * - * - * -

      comments

      >toshikiさん

      はい、そうですね。
      この記事が所属するカテゴリーは短歌系になりますね。
      長い自由詩のカテゴリーもあるんですけれども、そちらはなかなか書けなくて(汗)。
      Comment by るい @ 2007/01/20 1:07 AM
      これは詩としとしての位置づけと言うとよりも短歌に近いようですね
      Comment by toshiki @ 2007/01/20 12:49 AM
      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ