<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『アテネ ギリシャ 1953年』 by アンリ・カルティエ=ブレッソン | main | "Till There Was You" by The Beatles(『ティル・ゼア・ウォズ・ユー』 by ザ・ビートルズ) >>

詩『途上:On The Way』

0
    はげしくいきかう幹線道路のそのはじを
    幼女がひとりあるいている

    あたまにあるのはさかなを模した帽子 そしてみずいろのワンピース
    はいている靴は彼女のあしの2倍くらいもある
    おぼつかないあしもとは 水鳥のそれをおもわせる

    彼女のわきをくるまがすぐるそのたびに
    かぜがわきおこり 彼女を翻弄する
    そしてなんどもうしろをふりかえる
    むこうがわへとわたりたいのだ

    わたしはひとりまっている
    おおきくあけたボンネット
    救援はよんだがしばらくはこない

    それとも おおきくてをふって
    どこぞのだれかにひろってもらう
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ