<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『最後の審判』 by ヒエロニムス・ボス | main | "Stand By Me" by John Lennon(『スタンド・バイ・ミー』 by ジョン・レノン) >>

詩『にくしみ:Hatred』

0
    怖れるべきはそこではない
    なぜってそこにあるそれはすでにあるものだから
    どうしようもないものとしてひきうければよいことなのだ
    自身のなかにあるものであろうと わたしにむけられた他者のものであろうと

    ほんとうに怖ろしいのはそれがうまれるそのときだ
    意外と 本当に 些細なことでしかない そんなばかな わらってすましてしまうようなものなのだ
    そしてそうであるからこそ つよくおおきなものへと成長するのだ

    めをつめばよい ああ、あなたならそういうよね
    でもその土壌は ひとの感情 ひとの行為 いきているからこそ発芽するのだ
    よろこびもかなしみもそこからうまれる
    それをしったがうえで あなたはそう主張するのか

    ほら、もうこの時点ではぐくまれつつある

    巨大なものが衝突する際の衝撃よりも
    微細な金属がこすれる そのおとのほうが不快はおおきい
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ