<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『六角館にて:At The House Of Hexagon』 | main | 『さんさ時雨 / Sansa Shigure』performed by bonobonos return >>

"There Must Be An Angel (Playing With My Heart)" by Eurythmics(『ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル』 by ユーリズミックス)

0
    前回とはルチアーノ・パヴァロッティ / Luciano Pavarottiつながり。彼とユーリズミックス / Eurythmicsとのデュエットを聴いたのです(こちら等を参照)。

    from the album "Be Yourself Tonight" by Eurythmics

    こんなおもいにかられるとはだれがしろう
    むねがたかまり至福へと身をとうじるのだ
    天使がそこにいるにちがいない
    こころのおまむくがままにふるまうのだ
    だれもいない部屋にはいると
    とつぜん、こころがおどる
    そこには天使の楽団があり
    わたしのこころをかなでるのだ


    天使と語らっているのにちがいない

    こんなおもいにかられるとはだれがしろう
    むねがたかまり至福へと身をとうじるのだ
    天使がそこにいるにちがいない
    こころのおまむくがままにふるまうのだ
    わたしが孤独をかんじたそのとき
    まるでかぎりない友人がわがやにいるかのように
    天使達がむれをなし
    わたしのこころをおどらせるのだ


    天使と語らっているのにちがいない

    きっとゆめをみているのだろう
    天使達の祝福がみえるのだ
    おれたわたしのこころを
    いやしてくれるのだろう
    天からの御手による
    ふしぎなてぐち
    天空とのかたらいによる
    回想からときはなたれたそのときに


    だれもいない部屋にはいると
    とつぜん、こころがおどる
    そこには天使の楽団があり
    わたしのこころをかなでるのだ


    -ingと-tionとの韻で構成されている連は訳しにくいです。いや、単純に辞書的な意味を逐語的に当て嵌めていけばそれがそのまま訳にはなるのです。でも、それでは中途半端ですよね。もしかしたら、宗教的にも相応しい表現があるのかもしれず、もっとくだけた世俗的でわかりやすい表現もある筈なのです。そのどちらにもいけないので、すこし悔しい。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ