<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『ありがためいわく:To Overdo It』 | main | 『雪だるまのチャチャチャ / Cha-Cha-Cha By Snowmen』performed by bonobonos return >>

"You Might Think" by The Cars(『ユー・マイト・シンク』 by カーズ)

0
    すごくひっかかる曲。奇妙で、だけどとても愉快な印象なのですが。


    きみはこうおもっているのだろう
    どこかうちどころでもわるかったんぢゃない
    わたしなんかにつきあうなんて
    それともこうおもってもいるのだろう
    わたしとおつきあいできて幸運なかたねって
    でもぼくはおもうんだ
    すてきなのはきみさ
    ぼくのなかはほんのこどものようだもの


    きみはぼくをおろかだとでもおもっているのだろう
    さもなければ、うそだって(それはきみがおもっているだけ)
    きみはぼくがおかしくなったとでもおもっているのだろう(そうだったらいいよね)
    でも、ぼくがほしいのはきみさ


    きみにはおおわらいなものにうつるのかもしれない
    でもそれはきみがつかれている証拠さ
    きみにはまるで映画のなかのおはなしともおもえるかもしれない
    だって不可解なことばかりだもの
    でもぼくはおもうんだ
    すてきなのはきみさ
    はかなげに、笑顔がかがやくそのときは


    きみにはばかげたものとおもえるだろう
    ぼくにこんなめにあわせて(ときみがおもっているだけ)
    きみはぼくがおかしくなったとでもおもっているのだろう(そうだったらいいよね)
    でも、ぼくがほしいのはきみさ


    ああ、たしかにそうさ えらびがたきしろものさ
    どんなにあがいてもにげられっこない
    でも、おひさまがおちるまできみはつづけるんだ
    ずっとずっとね


    そう、きみはこうおもっているのだろう
    ぼくが錯乱してしまって
    きみをおいつめているんだって
    でも、あるひあるところできみがきにしてくれるなら
    きみのもとへとまっさきにかけつけるさ
    だってぼくはおもうんだ
    すてきなのはきみさ
    しかもるいをみないほどの女性なんだもの


    きみにはばかげたものとおもうだろう
    このあてにもできないおつきあいは
    きみはぼくがおかしくなったとでもおもっているのだろう(そうだったらいいよね)
    でも、ぼくがほしいのはきみさ


    「ハング・アラウンド・ウィズ / Hang Around With」は"おつきあいをする"と謂う意味です。
    「ハヴ・サムシング・トゥ・ドゥ / Have Something To Do」は"ウィズ / With"が省略されていると理解しました。"ハヴ・サムシング・トゥ・ドゥ・ウィズ / Have Something To Do With"で"〜と関係がある"と謂う意味です。
    「エヴリシングス・ソウ・ディープ / Everything's So Deep」の"ディープ / Deep"は、その語句のいくつもある意味から、"難解である"、"不可解である"と謂う意味を採りました。
    「プット・ミー・スルー / Put Me Through」は、"〜に経験させる"と謂う意味です。
    「ラン・ダウン / Run Down」は幾つもある意味からここでは"追い詰める"と謂う意味を採りました。
    「 ユニークリー・スタイルド / Uniquely Styled」は、「きみ / You」の外観、容姿をさしているのかもしれませんが、もうすこしおおきくとらえて、その人物の生き方ややり方を含めてのモノと解して、上の様にしました。
    「クレイジー / Crazy」「フーリッシュ / Foolish」「ヒステリカル/ Hysterical」「ディレリアス / Delirious」と似た様な意味の語句が登場します。しかも、あまりいい意味の語句ではありません。無造作に翻訳してしまうと、どこからか怒られてしまいそうな語句です。それをひとつひとつ丁寧に訳し分けられると、自慢出来ると思うのですが、上の様なていたらくです(ネイティヴな方はそれぞれどう違うのか、やはり理解出来るのでしょうか? 一見すると、その直後に登場する「きみ / You」の感情表現の語句と韻を結んでいる様なのですが)。
    最後に、コーラス部として起用されている「(バット・オール・アイ・ウォント) / (But All I Want)」は、その次に登場する同文「バット・オール・アイ・ウォント / But All I Want」に先駆けて登場しているだけなのかもしれませんが、その直前の文の一部であると解釈した方が、愉しそうなので、上の様にしてみました。

    for the movie "Cars 2" directed by John Lasseter

    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      このページの先頭へ