<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 短歌:曇天ニ詠メル | main | 詩『夕陽のなかを: Riding On Under The Sunset』 >>

『クァラテージの多翼祭壇画』 by ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ

0
    中央に、我が子イエス / Iesusを抱くマリア / Mariaの坐像。彼と彼女を厳かに護る様に、4人の聖人 / Sanctusの立像が控えている。
    さらにその下には、そのなかの1聖人 / Sanctusの生涯が5点の作品でもって語られている。


    作品名:クァラテージの多翼祭壇画
        Quaratesi Polyptych
    画 家:ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ
        Gentile da Fabriano
    美術館:
    ●聖母子(中央) / The Quaratesi Madonna
    ナショナル・ギャラリーイギリスロンドン
    The National Gallery, London, England
    ●4聖人 / Quattuor Sanctus像:
    ウフィツィ美術館イタリアフィレンツェ
    Galleria degli Uffizi, Firenze, Italia
    ●聖ニコラウスの墓前の巡礼者の奇跡
     / Miracle Of The Pilgrims At St Nicholas's Tomb(プレデッラ / Predella):
    ワシントン・ナショナル・ギャラリーワシントンD.C.アメリカ
    National Gallery of Art, Washington, Washington D.C., USA
    ●他プレデッラ / Predella4点:
    バチカン美術館バチカン市国
    Musei Vaticani, Status Civitatis Vaticanae


    1425年頃の作品。
    そして、大小計10点の絵画で構成されているこの作品を一望のもとに観る事は、現在では出来ません(上に掲載した画像はこちらからです)。
    上に綴った様に、四散し、4美術館に収蔵されているのです。

    中央に一際、おおきな作品としてある、イエス / Iesusマリア / Mariaを描いた『聖母子 / The Quaratesi Madonna』は、ナショナル・ギャラリー / The National Galleryにあります。

    その左右にある4人の聖人 / Sanctus、すなわち左からマグダラのマリア / Maria Magdalenaミラのニコラオス / Nicolaus Myrensis洗礼者ヨハネ / Ioannes Baptistaそして聖ゲオルギウス / Georgiusを描いた4作品『マグダラのマリア / St Mary Magdalen』、『ミラのニコラオス / St Nicholas Of Bari』、『洗礼者ヨハネ / St John The Baptist』そして『聖ゲオルギウス / St George』は、ウフィツィ美術館 / Galleria degli Uffiziにあります。

    その5作品の下に位置するプレデッラ / Predella5作品はミラのニコラオス / Nicolaus Myrensisの生涯を題材としたモノで、左から『聖ニコラウスの誕生 / The Birth Of St Nicholas』、『三人の娘がいる貧しい家に金を投げ入れるニコラウス / St Nicholas And Three Poor Maidens』、『難破船を救うニコラウス / St Nicholas Saves A Storm-tossed Ship』、『三人の青年を救うニコラウス / St. Nicholas Saves Three Youths From The Brine』そして『聖ニコラウスの墓前の巡礼者の奇跡 / Miracle Of The Pilgrims At St Nicholas's Tomb』です。
    この5作品のうち、『聖ニコラウスの墓前の巡礼者の奇跡 / Miracle Of The Pilgrims At St Nicholas's Tomb』はワシントン・ナショナル・ギャラリー / National Gallery of Art, Washingtonにあります。
    他4作品はバチカン美術館 / Status Civitatis Vaticanaeにあります。

    どうして、ひとつの世界を構成する作品群が分かたれ、よっつの場所に分散してしまったのか、それを追うだけで、ひとつの大きな物語が語られるのでありましょうが、そこまで今のわたしは辿りつけていません。

    だから、この10作品を、個々独立した作品として、その描写や技術に圧倒されるにしくはない、そう思うのです。

    樹をみて森をみず / He Can't See The Wood For The Trees.、しかしながら、森をみずして樹をみる / We Can See The Trees For The Woods.事自体の意義は、きっとあるのだろう、と。

    下に掲載するのは、ジョット・ディ・ボンドーネ / Giotto di Bondoneによる『ボローニャの祭壇画 / Bologna Polyptych』。1330年頃の作品。
    ボローニャ国立美術館 / Pinacoteca Nazionale di Bolognaに一括して収蔵されています。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 08:56 * comments(0) * - * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 08:56 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      このページの先頭へ