<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『バーゼル市長ヤーコプ・マイアーの聖母』 by ハンス・ホルバイン(子) | main | "Lagartija Nick" by Bauhaus(『ラガティジャ・ニック』 by バウハウス) >>

詩『とりのこされて:Left Behind Alone』

0
    ここにはだれもいない
    みんないってしまった

    ゆれているのはこだち
    みずのおとがきこえるのは ふかくかんがえなくてもよい

    いっしょにあそんでいれば
    そんなくいは いまはいってもせんなきこと

    めにうかぶのは影法師だけ
    腕や脚はあらわれるが きみたちのかおはどこにもない

    どうせ順番だ いずれはわたしも
    それはきやすめなのだろうか それとも

    いまにひがのぼる
    そうしたら、もうすこしはっきりと自覚できる いや、せざるをえないのだ

    余情にひたれるのはいまだけ
    そうかんがえれば 夜のやさしさにこそいま ほだされる
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * - * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      このページの先頭へ