<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『十字架を担うキリスト』 by エル・グレコ | main | "I Surrender" by Rainbow(『アイ・サレンダー』 by レインボー) >>

詩『おろかもの:A Balloon-head』

0
    Yに

    ひとのことはとやかくいうまい そうおもわざるをえないのはそのものをしっているからだ けんとうはずれ、みこみちがい、形容はいくらでも可能だ そのものをみ、そのもののおこないをみ、その結果をみておもいつくものをそのままことばとしてはっすればよい 知能がおとっているわけではないのだろう 智慧がまわらないわけでもないのだろう すくなくともわたしにはおもいもよらないことをかんがえつく しかし、そこからえられる成果はけっしておおくない かえってうしなうものがおおいのだ かねも時間も労力もいっさいがきえてなくなる 無駄なのだ そしてそのうえに いや、もうこれ以上のべてもせんないのだ わたしがそうではない そんな自信もありはしない めに映ずる無益なおこないをみて わたしがぐらつくのは はたしてわたし自身も他者のめには同様なのかもしれない そんな不安なのだ おおかれすくなかれ 大同小異 そんなことばが浮上する だからこそおもうのだ ひとのことはとやかくいうまいと
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * - * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      このページの先頭へ