<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『陽炎ふまち:A City In The Haze』 | main | 『谷間のキャンプ / The Church In The Wildwood』performed by bonobonos return >>

"Erotica" by Madonna(『エロティカ』 by マドンナ)

0
    恋愛とひとことでまとめてしまうけど、愛と恋とはたしかにちがう。
    そして、性という語句が隠れてもいる。

    "Erotica" (lyric is here) from the album "Erotica" by Madonna

    あいのものがたり
    こいのものがたり
    わたしの名はディタ
    こんやはわたしがあなたのごしゅじんさまよ
    あなたにゆめをみせてあげようとおもうの


    たとえおくれをとったとしても
    あなたのあたまのなかではもう、わたしからはのがれられない
    ほんのすこしでものぞんでいるのならば
    ためしてみる? それとも、きょひできるのかしら
    わたしのてにかかれば
    あなたなんてほんのこどものよう
    やせいにかえらないこと?
    このくちびるをおのぞみのばしょへとみちびいてごらん


    やって、わたしのいうように
    やらせて、わたしのやりたいように
    あいしてあげる、トラックでひきころすみたいに
    あいしてあげる、そのやりかたもおしえてあげる
    あなたにゆめをみせてあげようとおもうの
    ありとあらゆるゆめを


    あいして、あいして、わたしのからだ どこをさわっていいのよ

    いちどやけどをしてしまえば
    もうにどとはしないはず
    そこにあるのはあるしゅのしあわせ
    ほんのすこしのいたみをともなった
    おしえてあげるわ
    あなただっておなじだって
    こわくなんかないわ、のぼりつめるのだから
    わたしのするのはあいするひとをきずつけるだけ


    あいのはなし
    こいのはなし
    あなたにゆめをみせてあげようとおもうの
    あいをかたること
    こいをかたること
    わたしのからだ どこをさわっていいのよ


    このいたみをあなたがしろうとはおもえない
    このていどでいってしまうとはおもえない
    あなたにあたうかいらくとはそのようなもの
    あなたがこうつげたらわたしはやってくるわ
    ぼくはきみがほしいのだと
    きずつけたくはないの
    きずつけるきもないの、だから、そう、めをとじて


    あなたをきずつけるのはたったのひとつ
    もっとよくなるわよ
    いたみをあたえるのはたったのひとつ
    あいをのぞいてしまうこと


    「プット ・ユー・イン・ア・トランス / Put You In A Trance」は、"人を催眠状態にする"と謂う意味です。
    「テイク・ユー・フロム・ビハインド / Take You From Behind」は、そんな体位をとる事も考えてみたのですが、こちらを参考にして上の様にしました。
    「プッシュ・マイセルフ・イントゥ / Push Myself Into」は、"〜する様に自身を駆り立てる"と謂う意味です。一方に、"プット ・イントゥ・ワンズ・マインド / Put Into One's Mind"で"頭に入れる"、"念頭に浮かぶ"と謂う意味です。これらを参考にしました。
    「イン・チャージ / In Charge」は、"〜の担当"と謂う意味です。そこから意訳しました。
    「ギブ・イット・アップ / Give It Up」には幾つかの用法があります。こちらを参考にしました。
    「オール・オーヴァー / All Over」には幾つかの意味がありますが、ここでは"至る所に"もしくは"徹底的に"と謂う様な意味でしょう。
    題名でもある「エロティカ / Erotica」と、その語句に対して対句の様に登場する「ロマンス / Romance」は、片仮名書きでもいいかなぁと思いましたが、それでは意味がひろくなりすぎてしまいそうなので、それぞの語句にある第一義的な意味、つまり"恋愛に関する物語"と謂う意味を、それぞれに相応しいであろうと思う語句に振り分けてみました(もしかしたら逆かなぁとも思えるのではありますが)。

    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      このページの先頭へ