<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『サイコボーグ1』 by 森村泰昌 | main | "Theme From New York, New York" by Liza Minnelli(『ニューヨーク・ニューヨーク』 by ライザ・ミネリ) >>

詩『アネモネ:Anemone』

0
    その部屋には椅子がない
    いや、それ以外の家具も調度も
    あるのはしろいかべ、しろいゆか、そしてまど
    その片隅に一輪、はながさいている
    そっけない瓶にさされたそれが唯一、色彩のあるものなのだ
    ここでなにがあったのかはしっている
    ここにだれがいたのかもしっている
    だが黙して語ろうとはしない
    ここでわたしは窓からみえる景色をかたるべきなのであろうか
    とびらをとざしてしまえば、すくいとなりうるのはそれのみなのだから
    だが、はなはさいているのだ
    愛でるべきではないのだ、おそらくきっと
    ちる、もしくは、かれる
    そのときがくるまでは
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * - * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      このページの先頭へ