<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「紅い海:To Salome」カラ産マレタ歌四首 | main | 『有閑倶楽部』白鹿野梨子になってみたるいです >>

『モンパルナスのキキ』 by モイズ・キスリング

0
    そのヒトは、まっかなセーターを着て、頸にはゆったりと、蒼く縁取られた花柄のスカーフを纏っています。唇は紅く、大きな瞳は透明に輝くブルー(それは、身につけているものと全く同じ色調です)。暗い壁際に、何を想うのか、独りで佇んでいます。


    作品名:モンパルナスのキキ
         Kiki de Montparnasse
    画 家:モイズ・キスリング
        Moise Kisling
    美術館:プチ・パレ近代美術館スイス連邦ジュネーヴ
        Musee du Petit Palais,Geneva,Switzerland


    彼女の名前はモンパルナスのキキ / Kiki de Montparnasse 。同名のブランド"Kiki de Montparnasse"もありますが、勿論、彼女の名前から頂いたのでしょう(チョットスキカモォ!?)。
    本名は、アリス・プラン / Alice Prin1910年代1920年代 / 1910's~1920'sに、パリ / Parisのアートの発信基地となった、モンパルナス / Montparnasseで、様々な画家の作品に、モデルとなって登場します。
    藤田嗣治 / Leonard Tsuguharu Fujitaアンドレ・ドラン / Andre Derainパブロ・ピカソ / Pablo Picassoやペル・クローグ / Per Krohgといった多くの画家達の前で、彼らのなすがままに惜し気もなく裸身を曝し、彼らの求める姿態をとります。
    でも、それだけではなくて、マン・レイ / Man Rayとは公私を共にした愛人関係となり、彼との数々の映像実験の共犯者となります。
    フェルナン・レジェ / Fernand Legerマン・レイ / Man Rayらが制作した実験映画『バレエ・メカニック / Ballet Mecanique』への出演を始め(その映画の断片はこちらで観られます。幾重にも乱舞するオンナのイメージは彼女のものでしょうか?)マン・レイ / Man Rayの革新的な撮影術を彩る被写体となり、歌手としても画家としても活躍、遂には、自伝『Kiki's Paris: Artists and Lovers 1900-1930』をも出版します。彼女は、時代を象徴する女神となったのです。
    彼女は正にモンパルナスの時代を支配したのだ / 'The Queen of Montparnasse.'」これは、その自伝の英語版に序文を寄せたア−ネスト・ヘミングウェイ / Ernest Hemingwayの言葉です。作家として大成する前の彼もまた、モンパルナス / Montparnasseにあそび、彼女の魅力に魅入られた男のひとりだったのです。

    そのアリス・プラン / Alice Prin / モンパルナスのキキ / Kiki de Montparnasseを誕生させたのが、この作品の作者モイズ・キスリング / Moise Kislingです。彼女をモデルにして、100枚以上もの作品を描いたそうです。

    ひとつの時代の熱狂がひとりの女神を産み出して、多くの男性達が魅了される、しかも、ありとあらゆるメディアを媒介にして...そおゆう女性は20世紀 / the 20th.century 以降、数限り無く排出されますが、モンパルナスのキキ / Kiki de Montparnasse もまたそんな女性のひとりであると同時に、その魁だったのではないでしょうか?
    ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにとってのジェーン・モリス / Jane Burden for Dante Gabriel Rossettiルイス・キャロルにとってのアリス・リデル / Alice Liddell for Lewis Carrollサルバドール・ダリにとってのガラ・ダリ / Gala Dali for Salvador Dali、芸術家に大きな影響を及ぼし、文字どおりの詩神ミューズ / Museとなる女性も多いのですが、彼女達は皆、独りの男性の為だけに存在した詩神ミューズ / Museでした。そおゆう意味でも、彼女の特異さは解ると想います。

    しかし、熱狂は長く続きません。ヨーロッパを襲う大きなふたつの戦争が、女神としての彼女の存在を危うくします。彼女の末路は哀れなもので、彼女の葬列に参加した画家は、藤田嗣治 / Leonard Tsuguharu Fujitaだけだったそうです。
    なお、本作品を描いたモイズ・キスリング / Moise Kislingも、彼女の死の一ヶ月後に亡くなったそうです。

    彼女をモデルとした作品、被写体とした数多くの作品の中から、藤田嗣治 / Leonard Tsuguharu Fujitaの作品『寝室の裸婦キキ / Nu couche a la toile de Jouy』を、ここでは掲載します。

    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 00:03 * comments(0) * - * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:03 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      このページの先頭へ