<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ラ・ジャポネーズ』 by クロード・モネ | main | 『種をまく人』 by ジャン=フランソワ・ミレー >>

『砂男 』 by E.T.A. ホフマン

0
    砂男 / Der Sandmannというと、『アンパンマン』に登場したキャラ、すなおとこを想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、全然違います。
    ドラえもん』の道具にも砂男式さいみん機として登場したそうですが、わたしは知りません。そう云えば、スパイダーマン / Spider-Manにもサンドマン / Sandmanが登場しましたね?

    ホフマン短篇集』(左)&『Der Sandmann』(右)

    書名:「砂男」 『ホフマン短篇集』より
    原書:"Der Sandmann"
    著者:E.T.A. ホフマン / E.T.A. Hoffmann
    訳者:池内紀
    発行:岩波文庫岩波書店


    砂男 / Der Sandmannというのは、もともとは、なかなか眠ろうとしない子供の目に魔法の砂をかけて、そっと寝かせてくれる妖精のことだそうです。『アンパンマン』や『ドラえもん』のは、そちらを基にしているのでしょう。
    この『砂男 / Der Sandmann』は、「夜早く寝ないと砂男 / Der Sandmannに目を抉られる」という話を聞かされて育った主人公の悲劇。大学生になった主人公は、美少女に恋をしますが、その少女と連れ立っているのが砂男 / Der Sandmannそっくりだったのです。

    この物語は、『コッペリア / Coppelia, ou la Fille aux yeux d'email』というバレエに翻案されたり、ジークムント・フロイト / Sigmund Freudが心理学の研究素材にしています。
    その、ジークムント・フロイト / Sigmund Freudによる研究論文『無気味なもの / Das Unheimliche』と『砂男 / Der Sandmann』をカップリングした文庫『砂男 無気味なもの』(訳:種村季弘 河出文庫)も、ありました(現在では入手困難な模様)。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : comics and literature * 16:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 16:41 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ