<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< "Julia" by The Beatles : for Mother's Day(『ジュリア』 by ザ・ビートルズ:母の日に寄せて) | main | 寓話『ふたりとさんにんそしてそのたおおぜい』 >>

わたしの戒め そのよん

0
    友情を語る者は、時に友情を騙る者となる。されど、友情を騙る者程、友情を熱く語りたがる。

    愚か者程、己の頭脳明晰さを騙り、嘘つき程、己の誠実さを説く。

    やじろべえは、剣の切先で、絶えず身悶えている。しかし、彼は恐怖にかられているのではない。彼にとっての安住の地は、そこにしかないからだ。

    道に迷うものは、必ず地図の北を上に向けている。

    野望を持つモノにとって、憎しみは大きなエネルギーとなる。しかし、その結果として得られるものは、新たなる憎しみである。

    <解題>
    ここからあとは、上に紹介したそれぞれの警句 / aphorismに対して、わたし自身が覚書程度に書き記しるした<意味>と<例>です。だから、ここまで読まれた方が、これまでここに記した警句 / aphorismそのものから、何らかの意味や解釈もしくはイメージ等を得ているのでしたら、そちらの方を大事にして下さい。ここから後に書いたものに拘束されたり、限定される必要はありません。
    るい記
    友情を語る者は、時に友情を騙る者となる。されど、友情を騙る者程、友情を熱く語りたがる。
    <意味>借金を申し出る者が友情を引き合いにだしたり、己の犯罪行為の隠匿に躍起になる者は旧友に観てみぬフリを請い願うし、...あぁ、書き出したらキリがないですね。要は、己の共犯者や犠牲者を募る際には、ニコニコ現金払いしないで、友情という金で買えない筈のもので購う事を求めるんですね。
    ところで、おトモダチが過ちを犯した場合、それをかばう友情と、それを糾す友情のふたつがあると想います。あなたの友情は、どちらですか?

    <例>だって、トモダチだろう!?(この言葉を何度聴かされた事か、トモダチですらないヒトビトに)

    愚か者程、己の頭脳明晰さを騙り、嘘つき程、己の誠実さを説く。
    <意味>"真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始まる"という、ソクラテス / Socrates の「無知の知 / I know nothing except the fact of my ignorance.」をひっくり返して逆側から眺めたものです。
    <例>学歴詐称事件で逮捕されたその大物政治家は、常に某有名大学を首席で卒業したと自慢し、支援者に求められる度に「誠実」と書いた色紙を手渡していた

    やじろべえは、剣の切先で、絶えず身悶えている。しかし、彼は恐怖にかられているのではない。彼にとっての安住の地は、そこにしかないからだ。
    <意味>やじろべえ / balance toyは、綱渡りの綱の上とか、先の鋭く尖った針の先で、いつもゆらゆら揺れています。でも、彼は追い詰められてそこにいるのではなくて、そこにしか住めない身体だからなのです。己の知識や価値観や経験は、必ずしも、他者が共有出来るものではありません(なおさら、強要しちゃあいけませんよね)。
    <例>深海魚 / Deep Sea Fishは陸に釣り上げると内臓が破裂するっていうし、モグラ / Moleは地上に出ると死んでしまうって、いうぜ。ほっとけほっとけ。ヤツの好きにさせたがいいや。

    道に迷うものは、必ず地図の北を上に向けている。
    <意味>わたしが今、勤めている場所は大通りに面したビジネス街にあって、もよりの駅は三ケ所、そしてそのどれもが、徒歩10〜20分と、けっこうな距離にあります。また、ランドマークになる様なものもないので、初めてこの近辺を訪れる方は、目的地を見失いがちの様です。で、ときどき、わたしも道を尋ねられます。訪ねる方々の殆どは自前の地図を持参していますが、その殆どの方々は、真っ正直にプリントアウトしたままの、地図を、地図に描かれた地名が読みやすい様に真直ぐ上を向けて、持ち歩いています。
    <例>今、あなたはこの方角を観ているから、地図をひっくり返してみると、ここと(地図の)ここが同じです。だから、今来た道を戻って、こっちの道を行くと、目的地に着きますよ。

    野望を持つモノにとって、憎しみは大きなエネルギーとなる。しかし、その結果として得られるものは、新たなる憎しみである。
    <意味>江戸時代 / The Edo periodでは、仇討ちは認められていたし、仇討ちを果たす事は武士にとって名誉であると同時に義務でもあったそうです。でも、仇討ちされた側の遺族が、意趣返しで仇討ちをし返す事は、固く禁じられていたそうです。何故ならば、それは「憎しみの連鎖」を産み出すからです。
    <例>オビ=ワン・ケノービルーク!憎しみに負けてはいかん。憎しみが闇黒面へと導くのだ。 」/ヨーダルークよ。決して、決して皇帝を見くびってはならん。さもなくば、と同じ過ちを繰り返すことになるぞ。」
    Obi-Wan Kenobi: Luke! Don't give in to hate. That leads to the dark side. / Yoda: Luke. Do not-Do not underestimate the powers of the emperor, or suffer your father's fate you will.
    るい rui, the creature 4 =OyO= * admonition for me * 21:30 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 21:30 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ