<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『ゆきのぺんきやさん / Snow Like A House Painter』performed by bonobonos return

0
    雪のペンキやさんは お空から ちらちら
    (o" ´ω`)人(´ω` "o)
    お屋根も 垣根も ご門も みんな
    "ヽ(´ω` "o) (o" ´ω`)ノ"
    真っ白く 真っ白く 染めに 来る
    "(´ω` "人" "人" ´ω`)"
    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "Venus In Furs" by The Velvet Underground(『毛皮のヴィーナス』 by ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)

    0
      前回とは、レオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ / Leopold von Sacher-Masochの小説『毛皮を着たヴィーナス / Venus im Pelz』つながり。と、謂うかその曲、スージー・アンド・ザ・バンシーズ / Siouxsie And The Bansheesの『メルト! / Melt!』の種明かし。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:06 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      詩『忘却:For Forgetting』

      0
        なにもかもわすれてしまうこと
        よかったことも わるかったことも
        うれしかったことも かなしかったことも
        ありとあらゆるすべて それまでのすべてを一切わすれてしまうこと

        でも それでおわるわけではない
        だから そこからはじまるわけでもない
        原点回帰でもないし 債務相殺というわけでもない

        むしろ負債だけがのこっている
        そしてその負債をおのれに都合よく - そう、わすれてしまったのだ
        わずかばかりの資産はのこっているのかもしれない
        しかしそんな資産も金輪際活用することもできはしない - だって、わすれてしまったのだから

        ただここにたちすくんで これからおこるだろうことに身悶える
        予感と不安にばかりさいなまれるのはけっしてはじめての体験ではない
        だが、それすらもわたしはわすれてしまっているのだ
        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『昌平橋聖堂神田川』 by 歌川広重

        0
          空はくらく、篠突く雨が降っている。川面はゆれ、さざなみに小舟も揺れる。
          みちいく人々は急いていて、あたかもその坂をかけあがらんとしている様だ。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 10:15 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          短歌:雪ナラヌ雨ノ夜アケテ詠メル

          0
            DSC_0001.JPG
            濡れた地は 春かとまごふ 陽をあびて いづこで芽吹く 吾のおもひや
            るい詠める


            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:15 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『さあ 太陽を呼んでこい / Go Get The Sun』performed by bonobonos return

            0
              夜明けだ 夜が明けてゆく
              " <( ´ω`)o" "<( ´ω`)o"
              どこかでだれかが 吹いている
              "o(´ω` )>" "o(´ω` )>"
              きもちよさそに 吹いている
              "(´ω` "人" "人" ´ω`)"
              最後の星が流れてる
              "ヽ(´ω` "o) (o" ´ω`)ノ"
              あかつきの空 明けの空
              (o" ´ω`)人(´ω` "o)
              もうじき 若い日がのぼる
              "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              "Melt!" by Siouxsie And The Banshees(『メルト!』 by スージー・アンド・ザ・バンシーズ)

              0
                前回がフローズン / Frozenだったので。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                詩『児童公園:At A Children's Park』

                0
                  毎日かようみちぞいにそれはある
                  花々と石垣にかこわれた階段をとんとんとのぼったそのさきだ
                  はれた日はさらにはれがましく
                  あめの日はさらにさびしげに
                  わたしのかようみちをいろどっている

                  だけれどもふしぎなことにそこにだれかがいたためしはない
                  主役はおろか脇役すらも

                  たまたまそんな時間なんだろう あなたはそういう
                  あさとゆう、たしかにわたしがそこをとおる時間はきまっている
                  だけれども

                  四季おりおりで彩られる庭は なぜかこばむものがある
                  わたしたちをじっとそこでうかがっているのだ
                  それゆえに だれもふれない遊具のかずかずはいつでも
                  そこにもうけられた当時のまま 原色をほこっているのだ
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『コンポジション IV』 by ワシリー・カンディンスキー

                  0
                    河川敷かどこか、そこにいくつもの廃棄物が散乱している。
                    そしてそれを無言で凝視めるふたりの人物。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 10:45 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    短歌:頭痛デ詠メル

                    0
                      DSC_0001.JPG
                      はく息も はりつめてをり 冬のあさ こらへきれずに いたむこめかみ
                      るい詠める



                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:12 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ