<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『黒い目(黒い瞳) / Ochi chyornye』performed by bonobonos return

0
    美しき 黒い目よ
    "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
    燃えたてる 君が目よ
    "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
    こがれては 忘れえぬ
    "(´ω` "人" "(´ω` "人"
    わが君の 黒い目
    (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"

    その瞳 見ざりせば
    "(´ω` "人" "(´ω` "人"
    のどかにも 暮らせしを
    (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"&
    なやましき 黒い目よ
    "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
    わが幸を うばいぬ
    "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)

    いつまでも 燃えさかり
    "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
    
消え去りぬ 黒い目よ
    "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
    わが生命 絶ゆるごと
    "(´ω` "人" "(´ω` "人"
    くるおしき 黒い目
    (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "Make You Feel My Love" by Adele(『メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ』 by アデル)

    0
      意外な事に(ってわたしだけか)、オリジナルはボブ・ディラン / Bob Dylanで、アルバム『タイム・アウト・オブ・マインド / Time Out Of Mind』(1997年発表)収録曲です。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      詩『読書:Read A Book』

      0
        くろいかげがはしる
        よるのやみにまぎれて

        いまよんでいる本はとじちゃだめ
        さいごまでがまんしてよむのよ
        なぜって、さぁ、みんながそれをまっているから

        ねむいのも こわいのも
        さみしいのも ひとりぼっちなのも みんな わすれて
        おおきくひらかれたその頁にむかうのよ

        なぜって、さぁ、みんなあなただけがたよりなのだから

        はげしくあめがまどをたたき ふきあれるかぜがきをなぎたおしても
        その本のなかだけは別世界 いいこと、こことはちがう世界がまっているの

        そうしてあさをまっている だれもがみな
        そうしてよるのおわりをまっている あなたもそう

        だから、だれもねむってはならない
        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『アルジェの女たち』 by パブロ・ピカソ

        0
          画面左には、双丘をあらわにした女性が正面を向いて腰掛け、その隣には全裸の女性が仰向けになって大きく脚を組んでいる。
          彼女達がいる奥行きのある部屋の、その奥にはもうひとりの女性のはだかの臀がみえ、そこからさらに奥にある扉の向こうにもひとり、むきだしの乳房をたたえた女性がみえる。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:45 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          Jean Seberg in "Bonjour Tristesse"

          0
            Anne Had Made Me Look At Myself For The First Time In My Life
            Jean Seberg acted as Cecile, age 17 the heroine for the movie "Bonjour Tristesse"
            1958 directed by Otto Preminger.

            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * works : this year's model * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            短歌:早朝ニ詠メル

            0
              DSC_0001.JPG
              辻でまつ 手落ち無沙汰に 駆けるひと あけの明星 きへゆくをりに
              るい詠める



              るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:16 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              『黒い瞳の / Tshernarovui, Tshernaoki』performed by bonobonos return

              0
                黒い瞳の若者が
                "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
                私の心をとりこにした
                "(´ω` "人" "(´ω` "人"
                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:09 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                "trick or treat" in Halloween 2017

                0
                  Was It Me? Was It You?
                  celebrate Halloween 2017
                  Dead Man Walking

                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * works : greetings * 00:00 * comments(0) * trackbacks(1) * -

                  "Poor Poor Pitiful Me" by Linda Ronstadt(『私はついてない』 by リンダ・ロンシュタット)

                  0
                    当人にとっては悲劇なのでしょうが、語り口から喜劇に思えて仕方がありません。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    詩『発熱:Having A Fever』

                    0
                      なごりの秋の夜が 厳寒の早朝のようにかんじられる
                      なのに、わたし自身のからだは真逆のようだ

                      いつものいえ いつものへや いつものねどこが
                      まったくみしらぬ土地であるかのようにかんじる
                      よそよそしさをとおりこして 悪意すらかんじられるのだ

                      よのなかはまったくわたしのことをそしらぬふりをしてとおりすぎる
                      かつて愛したひと いまも愛しているひとも おそらくおなじだろう
                      きっとくうきよりもかろく わたしがあった場所はすっぽりと空白だ
                      わたしがおこなうべきはその空白の場に自分自身をおしこめることなのだろう

                      ジグソー・パズルの最後のピース
                      でもいまのそれはぬれて膨張し、ゆがんで大きくねじれている

                      だからこうしていま、ぜいぜいとはく
                      わたしのなかの過剰がなくなればきっと
                      もとのわたしにもどる そのはずなのだ
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ