<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

『子象の行進 / Baby Elephant Walk』performed by bonobonos return

0
    ぼくらは小さな象
    (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
    こどもの象なんだぞう
    "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
    ホラ~ 見てよ
    "<( ´ω`)>" "<( ´ω`)>"
    かっこいいリズムにのり
    "o(    )" (o" ´ω`)o"
    おどるように ピタッと足そろえ
    "o(´ω` "o) "(    )o"
    行進するのさ ジャングルを
    "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:15 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    happy valentine 2017

    0
      Do You See What I See?

      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * works : greetings * 00:00 * comments(0) * trackbacks(1) * -

      "Run To You" by Bryan Adams(『ラン・トゥ・ユー』 by ブライアン・アダムス)

      0
        プロモーション・ヴィデオが雪景色から始まるので。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        詩『月の冬:The Moon In The Winter』

        0
          闇にうすく暈がかかっている
          街もしろくひるよりもあかるい
          だれもがうつむき 家路へといそぐ
          まつひとがいるのだ さもなければまつひとをもとめているのだ

          月はたいくつだった
          だれもかれをもとめてなぞいない
          おのれのあかるさとあたたかさだけではだれも満足しない

          みちしるべはきっとほかにある
          だれの腕にも時計はある
          引退のときはちかいのだろうか

          そうしてかれもまたそうやって
          春のこえをまちわびているのだ

          いまのかれをほっするのは詩人だけだ
          月の煩悶とは まったくべつのことをかんがえているのにちがいない
          るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:02 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          『田舎家(夕暮れの農家)』 by フィンセント・ファン・ゴッホ

          0
            陽が暮れて、うすくらがりにしずみこむ様にして、粗末な農家が1軒。枯れ枝が風になびいて季節は冬だと解る。今にも壊れてしまいそうな、まるでみすてられてしまいそうな佇まいだが、その家屋の入り口にはひとりの女性の後ろ姿がある。ここにも生活があり、家庭がそこにあるのだ。窓の奥にみえるあかい1点は、その灯火なのだろうか。


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 10:49 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            短歌:神社ニテ詠メル

            0
              DSC_0001.JPG
              朱の門と 樹々の向かふに 建てる音 冬のこもれ陽 みあげらば空
              るい詠める


              るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:15 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              『白い道 / L'inverno』performed by bonobonos return

              0
                どこまでも 白い
                (o" ´uωu)ノ" (o" ´uωu)ノ"
                ひとりの 雪の道
                "ヽ(uωu` "o) "ヽ(uωu` "o)
                遠い国の母さん 今日も
                "人" ´uωu)" "人" ´uωu)"
                お話を 聞いてください
                "(uωu` "人" "(uωu` "人"
                あれからもう3年過ぎ
                (o" ´uωu)人(    )"
                この道に また白い雪
                "(    )人(uωu` "o)
                サラサラ 鳴ります
                "人" ´uωu)" "人" ´uωu)"
                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                "I Want To Know What Love Is" by Foreigner(『アイ・ウォナ・ノウ』 by フォリナー)

                0
                  前回同様、これもマライア・キャリー / Mariah Careyがカヴァーした楽曲。


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  詩『倦怠:Feeling Weary Of My ...』

                  0
                    予定は? とくにない じゃあ、いいわね

                    なにかをする口実のかわりにあるのはなにもしない口実
                    ことをはじめればいくつも問題がわきおこり
                    だからといってみかねているわけにもいかない

                    退屈の反意語はけっして多忙ではない
                    みずはどこまでもひくいところへとながれてゆく
                    そうしてわたしはさっきからずっとこのままだ

                    不意の雨でさっきから爪を噛んでいるあなた
                    でも、傘はない
                    さりとてここをとびだすいきおいは先程そがれてしまった

                    だからここにいつまでもこうしていればいい
                    わたしがゆるそう すきにするがいいさ
                    でもそれにもあいてしまったとしたら

                    予定は? あった ことわった
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    『マリー・アントワネット』 by エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン

                    0
                      王族の、重厚な肖像画と思いきや軽やかなのだ。
                      それは満面にさすほのかな紅潮と、そこにうかぶ笑み、そして降ろした右腕のその先にある一輪の花の色彩、そんなもののせいなのだろうか。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 10:52 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ