<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

詩『ずれる:Slipping Off』

0
    にくしみとはそのようにしてはじまる

    ボタンのかけちがえ
    いやいや、そんなにおおきなものではない
    だれのめにもあきらかなものではない

    たとえば、みぎめとひだりめをまちがえてみすみすたからのやまをのがすこと
    それほど無知蒙昧が契機となることはある
    だがそれだってほんの機転をかえせばただのわらいばなしさ

    せまいほそいみちをのぼりつめていく
    ふみしめたあしのいきおいからちいさないしがころがりおちる
    さぁ、それがふもとのむらにいったいなにをもたらすのか

    未然に阻止するのはほぼふかのうだ
    いまとなってはと、あのときをくやむ
    だからといって、それがわかったといって
    このふたりにうずまくあらゆるものをとどめることはだれにもできない
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    『イーゼルの前の自画像』 by レンブラント・ファン・レイン

    0
      うすぐらいなか、絵筆とパレットを手にした、老いた画家が立っている。自身の正面にすえられた画架から、身体を斜に構え、眼前にあるモノを凝視める。その眼はおだやかで、頭巾の白さと呼応して、あたかもそこだけにひかりがあたっている様にみえる。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:56 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      短歌:アル夜ノ湯殿ヲ詠メル

      0
        DSC_0001.JPG
        しとどなく なみだわくのを 湯でながす でるにでられぬ なる携帯さへも
        るい詠める



        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:12 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『田舎の冬 / In Winter, At The Countryside』performed by bonobonos return

        0
          ましろにおく霜 峰の雪
          "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
          しずかにさめくる 村の朝
          "(´ω` "人" "(´ω` "人"
          ほういほい ほういほい むら雀
          (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
          かり田のかかしに ひの光
          "(´ω` "人" "(´ω` "人"
          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          "Heart-Shaped Box" by Nirvana(『ハート・シェイプト・ボックス』 by ニルヴァーナ)

          0
            下のジャケット写真に登場する様な、ハート・マークを象った小箱を先ず、思い浮かべる。
            でも、その実、心臓を模した生々しいモノ、否、心臓そのものなのかもしれない、と思う。


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            詩『薔薇の花園:A Rose Garden』

            0
              わたしのめにうつるのはみつの花瓣
              あかくおほきく、それぞれがいどむやうにことさらにはなやいでゐる
              さうみえるのは、そのいづれもがこいみどりの葉々をしたがへてゐるやうにみえるからだ
              王のおもむくさきざきにこびへつらふ從者であるかのやうに

              だからそこには道化のものもゐる
              ことさらにかれらのまはりをはしやぎまはるむし達だ
              おこぼれの蜜をことほぎ、そして、代辯者となつて戀をかたらう

              かれらよりもさらにうつくしくきかざつた蝶がゐないわけではない
              だからと云つて、だれがかれらにみむきもしよう
              その美がかれらにとつてなんのいみももたないことはじゆうじゆうも承知のこと
              華美であることはかならずしもかれらの地位をおそはない
              蝶こそがもつともあざけられる道化のそのひとりであるのだから

              さて、ここからなにをつむぎださう
              まだ、えだにある棘にはひとこともふれてゐないのだ

              るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              『リヴァーサイド・パーク、雪の朝』 by アーネスト・サトウ

              0
                すみ1色で描いた冬の叙景、と最初はおもう。
                しかしながら、この作品は写真撮影によるモノ、それに驚かされる。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:52 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                Mary Pickford in "The Little Princess"

                0
                  America's Sweetheart
                  In the movie "The Little Princess" 1917 directed by Marshall Neilan,
                  Mary Pickford acted as Sara Crewe, the heroine.

                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * works : this year's model * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  短歌:寒クテ詠メル

                  0
                    DSC_0001.JPG
                    切々と 契りし夜も あけて雪 みぎのかいなに まだ痕あかく
                    るい詠める



                    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:15 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    『雪祭り / Snow Festival』performed by bonobonos return

                    0
                      木枯らしの届かない 雪の中穴掘って
                      (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
                      子供の雪祭り もち食って豆食って
                      "o(´ω` "o) "o(´ω` "o)
                      汗ばむほどに 騒ぎ立て
                      (o" ´ω`)o" "o(    )"
                      春はまだかと 笛吹けば
                      "(    )o" "o(´ω` "o)
                      躍り出す雪うさぎ 春をすぐ連れて来い
                      (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ