<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

"I Fought The Law" by The Clash(『アイ・フォウト・ザ・ロウ』 by ザ・クラッシュ)

0
    前回とのつながりを敢えていえば、ニューヨーク / New York Cityからロンドン / Londonへ。
    でも、パンク / Punk云々以前に、ロックンロール / RocK And Rollの名曲です。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "Little Johnny Jewel" by Television(『リトル・ジョニー・ジュエル』 by テレヴィジョン)

    0
      前回とはニューヨーク・パンク / New York Punkつながり。
      いや、もっとふかいつながりはあるんだろうけど、ここではかんけいない。と、思う。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      "Gloria" by Patti Smith(『グローリア』 by パティ・スミス)

      0
        前回とは同曲。しかし、新たに付随された曲と歌詞がある。

        "Gloria" (lyrics is here) from the album "Horses" by Patti Smith

        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        "Gloria" by Them(『グロリア』 by ゼム)

        0
          女性の名前の筈がいつしか呪文の様に響くのです。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          "Old Brown Shoe" by The Beatles(『オールド・ブラウン・シュー』 by ザ・ビートルズ)

          0

            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            "I Want You To Want Me" by Cheap Trick(『甘い罠』 by チープ・トリック)

            0
              邦題がよく解らないのですが(苦笑)。


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              "Don't Dream It's Over" by Crowded House(『ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー』 by クラウデッド・ハウス)

              0
                前回とはポール・ヤング / Paul Youngつながり。

                from the album "Crowded House" by Crowded House

                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                "Everytime You Go Away" by Paul Young(『エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ』 by ポール・ヤング)

                0
                  どちらのヴァージョンで知ったのかな、ダリル・ホール・アンド・ジョン・オーツ / Daryl Hall And John Oatesの歌唱とポール・ヤング / Paul Youngの歌唱と。
                  前者がオリジナルで後者のカヴァーと謂う認識でいたら、その逆であると謂う指摘があったのです。
                  後者のヴァージョンの発表が先で、その後にセルフ・カヴァーとして前者が発表した、と。


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  "5 Minutes" by The Stranglers(『ファイブ・ミニッツ』 by ストラングラーズ)

                  0
                    毎朝、目覚ましが鳴るたびにいう台詞 ... 。
                    嗚呼、そんな理解を許してくれるのは最初の1行しかない。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    "Valentine's Day" by David Bowie(『ヴァレンタイン・デイ』 by デヴィッド・ボウイ)

                    0
                      時節柄(笑)。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ