<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

"Maiden Voyage" by Dianne Reeves and Geri Allen(『処女航海』 by ダイアン・リーヴス & ジェリ・アレン)

0
    期待と不安がないまぜとなった曲です。しかも、高揚感はひたすら堪能出来るものの、絶頂の瞬間が訪れそうでなかなか訪れない。
    ハービー・ハンコック / Herbie Hancock作曲の原曲は、作者自身のアルバム『処女航海 / Maiden Voyage』に収録されて、1965年に発表された器楽演奏曲です(こちらで試聴可能です)。
    後に作者の姉妹であるジーン・ハンコック / Jean Hancockが歌詞を付与しました。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

    "I Surrender" by David Sylvian(『アイ・サレンダー』 by デヴィッド・シルヴィアン)

    0
      前回前々回とは同名異曲 / Same Title But A Different Song。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

      "I Surrender" by Celine Dion(『アイ・サレンダー』 by セリーヌ・ディオン)

      0
        前回とは同名異曲 / Same Title But A Different Song。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

        "I Surrender" by Rainbow(『アイ・サレンダー』 by レインボー)

        0
          前回とはサレンダー / Surrender繋がり。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

          "Surrender" by Cheap Trick(『サレンダー』 by チープ・トリック)

          0
            降参する理由は、つまり、両親の発言に対してではなくて、彼等の正体を知ってしまったから?


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

            "Sentimental Journey" by Ringo Starr(『センチメンタル・ジャーニー』 by リンゴ・スター)

            0
              前回とはセンチメンタル / Senrtimental繋がり。
              作詞:バド・グリーン / Bud Green・作曲:レス・ブラウン / Les Brownとベン・ホーマー / Ben Homerによるこの曲のオリジナルは1945年、ドリス・デイ / Doris Dayの歌唱です(アルバム『ドリス・デイズ・センチメンタル・ジャーニー / Doris Day's Sentimental Journey』等に収録されていて、こちらで試聴可です)。


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

              "In A Sentimental Mood" by Dianne Reeves(『イン・ア・センチメンタル・ムード』 by ダイアン・リーヴス)

              0
                前回前々回前々々回に続いてムード / Mood繋がり。
                オリジナルは作詞:マニー・カーツ / Manny Kurt・作曲:デューク・エリントン / Duke Ellingtonで、1935年に演奏曲として発表され(こちらで試聴可)、後に歌詞が付与されました。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

                "Moody's Mood For Love / Teo Licks" by Amy Winehouse(『ムーディーズ・ムード・フォー・ラヴ』 by エイミー・ワインハウス)

                0
                  前回前々回に続いてムード / Mood繋がり。
                  オリジナルは1952年、作詞:エディ・ジェファーソン / Eddie Jefferson・作曲:ジェームス・ムーディ / James Moodyによります。
                  それぞれのオリジナルは、作詞者の歌唱はアルバム『ザ・ジャズ・シンガー / The Jazz Singer』等(こちらで試聴可)に、作曲者の演奏はアルバム『 ムーディ・ムーズ・フォー・ラヴ/ Moody's Mood For Love 』等(こちらで試聴可)に収録されています。
                  今回の、エイミー・ワインハウス / Amy Winehouseのヴァージョンはそれに新たに自身の楽曲を繋げています。


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

                  "Gettin' In The Mood" by The Brian Setzer Orchestra(『ゲッティン・イン・ザ・ムード』 by ブライアン・セッツァー・オーケストラ)

                  0
                    前回とはムード / Moodつながり。

                    この曲は、ジョー・ガーランド / Joe Garlandの作、1939年、グレン・ミラー / Glenn Miller・オーケストラによります(こちらで試聴可能です)。
                    そのヴォーカル・ヴァージョンはそのオーケストラのバック・コーラスであったアンドリューズ・シスターズ / The Andrews Sistersによるのが初めの様です(楽曲はこちらで試聴可能、歌詞はこちらで確認出来ます)。
                    本作はその歌詞をあらたに書き起こしたモノです。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

                    "My Ever Changing Moods" by The Style Council(『マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ』 by スタイル・カウンシル)

                    0
                      初夏の爽やかさをこの曲に求めると、すこし違う。
                      次第に、怒りにみちた啓発の曲となる。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -
                      このページの先頭へ