<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画『CASSHERN』

0
    この物語に悪人は登場しない。
    登場人物のすべてが、自らの意思に関わらないところで誕生し、己の生を全うせざるを得ない。英語で言えば「i was born」受動態だよね。産まれるという事はそういう事。この物語の登場人物すべてが己の出自を呪い、その出自から解放される事だけを願って戦う。
    本来ならば悪役である筈の、 延命を乞い願う年老いた権力者も、立場は同じ「やっとここまで辿り着いたのに、何故、ここで死ななければならないんだ」。だから、実の親子ですら互いに血を流しあう。
    何故、わたしたちはここに産まれて来たのか、そして、どこへゆこうとしているのか。
    この映画は、それに対して具体的な答えを提示する事なく終わる。それが、作品の評価が別れる所以かもしれない。
    もっと力強く「愛するものの為に」戦うと、断定してくれればよかったのにとも思った。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 04:50 * comments(0) * trackbacks(0) * -
    このページの先頭へ