<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

秋の空(moblogとコメントのテスト)

0
    20050919_20478.jpg
    一筋の雲が美しいです。
    るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 18:50 * comments(3) * trackbacks(0) * -

    期日前投票してきました

    0
      ただそれだけです。ワラ。

      でも、へたな論陣はるより、先ずは行動した方がいいですよね。

      それに、「本番」の9.11.は投票出来る場所が1箇所しかないけれども、期日前は自身にとって利便性の良い場所を選べるから、こちらの方が「地の利」は確実にあるかもしれません。
      わたし自身「本番」の投票所は普段の行動エリア外ですが、期日前は通勤コースをちょっと外れた所。
      台風の影響で、相変わらず激しい風が吹いていますが、雨も一段落した様なので、いつもよりもちょっと早めに出かけて寄ってみました。

      会場の受付で整理券を提出して、三枚の用紙を頂いて、書くべきところに書くべきことを書いて、それぞれの投票箱にポンといれてお仕舞い。
      わたしの場合、早い時間だったのか、その場にいたのはわたしだけ。待ち時間はありませんでした。会場に着いて会場を出るのに数十分とかかりませんでしたね。

      あ、投票する際は、選挙管理の方々へのご挨拶はきちんとしましょうね。ーご苦労様です。
      るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 10:55 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      「We[love]blog」

      0
        携帯で撮影した写真をそのままブログ上で記事として投稿出来るよ(moblog)って、悪魔のささやきがあったから、わたしは写真を撮って、その写真に誘われるまま和歌を書いてここに投稿しています。
        10代の頃は毎日の様に自由詩を書いていましたが、それも昔の話。日常に埋没して、そんな時代のあった事など、すっかり忘れておりました。それが、また詩作(しかも定型詩、そのまた王道の和歌!)なんぞおっぱじめるとは考えてもいませんでした。
        あぁ、それにそれまで酒の席で酔っぱらった勢いで撮影したものの使い道のない写真(翌日、あまりの気恥ずかしさで全部消去)と、それを誘発する、憎むべき携帯のカメラ機能に、よい使い道が出来たと喜んでおります。

        和歌も写真もクオリティーの事なんか言い出したら言語道断ですけれども、言葉と映像を組み合わせて自分自身にとっての新しい世界を発見している毎日です。

        こんなもんでよろしいでしょうか? six apartさん?
        るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 12:48 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        眠れない夜

        0
          今夜もまた、眠れない夜。
          空が白々と明けてくる頃に、最新ニュースをTVで観る。
          そして今日もまた、くるっと地球が廻った事を確認して
          冷えきったベッドの中で、眠りにつく。
          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 04:50 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          ニュースにあう(承前)

          0
            液晶画面にうかびあがった(脚注参照)その現場は、確かにあのビルだった。もよりの駅への最短距離で、なおかつ、通勤経路だから、イヤでもわかる。あのビルの前は、平日ならば確実にニ回は通る。今朝も通った、土曜日なんだけどさ。
            いつもはない、イカつい視線、昨日まではいなかった警備員が配置されている。正面玄関の脇にひっそりと献花がなされていた。

            脚注:液晶画面にうかびあがる。
            メディアとしてのTVと、ツールとしてのTVを、二つながらに体現する”ブラウン管”というタ−ムも、いずれは消滅してしまうでしょう。しかし、いまだ、それに代わる表現は登場していません。”液晶画面”では、必ずしもTV と完全なイコールで結ばれないしね、いまんところ。
            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 09:49 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            ニュースにあう

            0
              いつものように、地下鉄の改札から階段を一気に駆け登り、地上に出る。 都心の地下を縦断している内に、陽は随分と傾きかけている。一ヵ月前はもうまっくらだったなと、ひとりごちながら、お目当ての場所へ急ぐから近道。裏通りへと入る(裏通りとはいっても、青梅街道と比較してだから、路巾は結構あるよ)。今日はひときわ、ビル風が強い。 路を挟んで隣のビルに、所在な気にたむろっているグループが、そこかしこ。カメラやビデオなんかの撮影機材や、ボアボアの集音マイクで、記者や取材クルー達だというのは、嫌でも気づく。 だれかを出待ちしているんだな。”ぶらさがり”っていうんだっけ。ブラウン管で見ると(この常套句も今に死語ね)殺気立ってたり華やかだったりするけれども、”その前”ってのはずいぶんお気楽なものね。 ちょっと立ち止まって観てみたい気もしたけど、急がなきゃ、約束に遅れちゃう。残念だけど、今のところはメイキングでガマンしとかなくちゃ。 「ポール牧さん死去。自殺か...」 深夜の帰宅後、TVをつけて驚いた。さっきわたしが通ったその場所が、現場だったようだ。
              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 01:46 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              むしむし大行進

              0
                お仕事の関係で、一週間に一日は、ここが東京?と思えてしまうくらい、のどかな牧歌的な風景のところに行くことになっています。まるで、幼稚園の「おうたのご本」に出てくるような、あたり一面みどりいろに染まっているそばを、小川が流れていて、今の季節、桜並木から舞い散る花々が、ゆったりとわたしを包んでくれます。
                なんて、ガラにもない事をいけしゃあしゃあと書けてしまえるくらい、ここにはあたたかい風とやわらかい陽射し、のんびりとした時間が流れています。
                昼食をとった後は、ベンチに腰掛けて、のんびりぼおっとしてみたり、ついうとうとしてみたりします。そんなときに限って、羽織った上着のあたりを這いずりまわってるちいさい蟲を発見して、大騒ぎのひとり大騒動の大パニック大会。
                -あぁ、恥ずかしかった。
                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 19:34 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                CCライダー、のってけ泥棒

                0
                  これから春をさがしにいかないか−こんな世迷い言をホザくヤカラとは思いやしなかったが、現実にあたしのこの携帯にメールして来てるんだから、テにおえやしない。ふたつ返事でOK!と打つ。ここ二、三日のぐづついた天気もどこへとやら、今宵は久かたぶりの冷たい空気が心地よい。ちょいと、深夜の湘南へと、くり出すことに致しやしょう。もっとも、あいつの、先週とったばかりの中型免許、先輩を拝み倒して借り出した新車、しかも二人して合乗りってのが、心もとなくってしようがないのだけれども。

                  ここで一首、
                  「身はふたつ こころをひとつにする前に けっしてよつには斬られまじ」
                  お粗末様でございます。
                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 23:03 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  雨が降り出す前に

                  0
                    降りそうでいっかな降リ出そうとしない夜を一人、家路を急ぐ。季節の変わり目特有の生暖かい風が、さらにわたしを憂鬱にさせる。変わったばかりの信号を渡り始めようとした途端、騒々しくさせるのが唯一の仕事だといわんばかりに、サイレンとやけにかん高くスピーカーからの怒声を響かせて、何台ものパトカーが走り抜けていく。これでまたもう一度信号待ちだという舌打ちと、ほんの一瞬の野次馬根性を覗かせる彼らは、きっと恋人どうしなんだろう。
                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    ヤなあいつと会う

                    0
                      機種変更したばかりの新しい携帯をマニュアル片手にいぢりたおしていたら、いきなり着信が鳴りだしたんで、なんにも考えずに受けちゃったら、二度と話しなんかしたくないO からだった。
                      後でゆっくりアドレス帳をグループ登録。大好きな着メロや着うたを振り分けてダウンロードすればいいや、カメラ機能にムービー機能、ありゃこれはどう使うかなんてやっているから、無人格無個性のっぺらぼうのBEEP音がいきなりなりだしちゃうから思わず、電話に出ちゃうぢゃあなぁい!?
                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 21:45 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ