<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『サッフォー(女性の肖像)』 by anonymous

0
    左掌にはノートと思わしき書物、右掌にはペンと思わしき筆記具、そしてその女性は沈思し熟慮している。創造の女神の訪れを待っている様に。
    でもそれとは別に、もうひとつの謎めいた感情がそこにある様な気にさせられてしまう。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:48 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    『画家のアトリエ』 by ギュスターヴ・クールベ

    0
      がらんとした部屋。天井も高く奥行きも広い。
      そこにつめかけた多数のヒトビトは、一体、なにを求めているのだろう。そして、一体、なにを知ったのだろう。その部屋の中央にいるのはひとりの画家なのだ。
      彼の前にはおおきな画布が掲げられ、それはある光景を描いてある様にみえる。
      本来ならば、そこに描かれるべき裸婦がひとり、所在無げなのはきっと、おそらくそこに理由があるのだ。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:18 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      『神の祈り』 by 関根正二

      0
        しろい薄衣をまとった2人の女性がいる。その風貌はおさなくみえる。
        ひだりの女性の掌はかたく握られてはいるが、もうひとりの両の掌には、ちいさな赤いモノがみえる。彼女はそれを厳かに携えている。それは神への捧げものなのだろうか。それにしては、それはあまりにもちいさい。
        薄明に浮かぶその場には、あかい花がいくつも咲いている。

        "Prayer Of The Divinity" by Sekine Shoji

        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『壁画衆人奏楽図』 of ベゼクリク千仏洞

        0
          ここで楽器を奏でているのは、人なのだろうか、それとも、神なのだろうか。
          聴こえてくる筈の音楽が想像の域を出る事はないが、それを奏でているこの6人のひたむきさは嫌でも解る。愉しげな表情と必死の表情。そのふたつが混在しているのだ。

          "Musicians" by anonymous

          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:35 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          『サビーネの女たちの凌辱』 by D・H・ロレンス

          0
            決してひろくはない場所に、幾つもの肉体が折り重なっている。
            その濃厚な気配にたじろいでしまう。
            その肉体のなかで、表情を伺う事の出来る人物はたったひとりで、そこに潜むモノにおおきな嫌悪を抱いてしまう。


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:47 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『灰色の樹』 by ピエト・モンドリアン

            0
              あれから数年。
              印象的な配色は姿をけし、より単純に、しかし的確にそのモノの特徴を把握しようと試みられている。
              その為、これが樹木である事は誰の目にも明らかなのだ。


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:27 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              『水道橋駿河台』 from 『名所江戸百景』 by 歌川広重

              0
                端午の節句 / Boys' Festivalの叙景、おおきく描かれた鯉幟 / Koinoboriのむこう、眼下に江戸 / Edoの街がならぶ。
                遥か西の空には、富士山 / Mount Fujiを望む事ができ、文字通りの五月晴。いや、ここは日本晴と謂うべきか。
                鯉幟 / Koinoboriは、この1匹だけではない。幾つも幾つもこの青空を泳いでいる。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:32 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                『聖書あるいは物語に取材した夜の情景』 by レンブラント・ファン・レイン

                0
                  一面は漆黒の闇。それ故に焚火を囲む人々の表情は穏やかで、それ故にあたたかい言葉も交わされる。しかし、そこを一歩離れたその場所にいるふたりの人物の表情はどうであろう。甲冑の男性のなげかける言葉を聴くその男の表情には困惑の色がみてとれるのだ。


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:38 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『詩人に霊感を与えるミューズ』 by アンリ・ルソー

                  0
                    木立の中に佇むふたり。
                    男性は右掌に鵞ペン、左掌に紙片を携え、そしてなにをおもっているのだろう。
                    自身の瞳に映ずるその光景を、美しい詩句で描き出そうと構想しているのだろうか。
                    その傍らにたつ女性は、そんな彼を鼓舞するかの様に、そっと肩におのが左掌を添える。
                    そしてふたりを祝福するかの様に、いつまでも美しく、花々が咲いている。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    『聖アントニウスの誘惑』 by イヴァン・オルブライト

                    0
                      一見、抽象画の様にみえる。
                      磨耗し腐食した金属片と、そこから滲みでる重油の様にもみえる。いずれにしても、陰鬱で幻滅する様な描写だ。
                      だが、画面右下に青銅色の肌をした、転倒した女性の全裸に気づく。彼女ひとりではない。その左側にもおなじ様な姿態がみえる。
                      そんな彼女達に雁字搦めにされて、本作品の主人公は、黒色の肌をさらし、断末魔をあげているのである。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:35 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ