<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『イーゼルの前の自画像』 by レンブラント・ファン・レイン

0
    うすぐらいなか、絵筆とパレットを手にした、老いた画家が立っている。自身の正面にすえられた画架から、身体を斜に構え、眼前にあるモノを凝視める。その眼はおだやかで、頭巾の白さと呼応して、あたかもそこだけにひかりがあたっている様にみえる。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:56 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    『リヴァーサイド・パーク、雪の朝』 by アーネスト・サトウ

    0
      すみ1色で描いた冬の叙景、と最初はおもう。
      しかしながら、この作品は写真撮影によるモノ、それに驚かされる。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:52 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      『聖アントニウスの誘惑』 by ポール・デルヴォー

      0
        永遠につづくかと思われる回廊を数名の裸女が彷徨い、そして落ち合う。彼女達の会話に登場するのは、勿論、あの人物の事であろう。彼を籠絡しようというのか、彼を嘲笑しようというのか、彼を陥落しようというのか、ことばはいくらでもあふれる。めぐらすかんがえはいくらでもかたられるのだ。なぜならば、よるはながく、彼女達にあたえられた時間は無限のものともおもわれるのだから。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:14 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『てすさびするふたり(カード・プレイヤーズ)』 by クロヴィス・トルイユ

        0
          おなじ髪型で、おなじ仮面で素顔を覆い、そして、おなじ様な一枚の布でおのれの秘所だけをかくしているふたりの裸婦。ふたりの手許には数枚のカードがおかれ、彼女達が先程までそれに打ち興じていたのだろうと推測される。室内はくらく秘密めいていて、そこに設けられたいくつかの灯りが妖しげなひかりを発しているのだろう。おなじ様な姿勢でからだをなげだしている彼女達をつつむのは、まったくことなった色彩なのだ。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:49 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          『聖マタイの召命』 by ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

          0
            陽光を背にうけて、そのひとが指し示す。それで、総てが決したのだ。
            文字通りに、運命の岐路と謂えるだろう。


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:14 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『キリストの磔刑(サン・プラシドのキリスト)』 by ディエゴ・ベラスケス

            0
              初めてこの作品を知ったときは絶句した。こんなにもあからさまに描いていいのだろうか、と。
              それだけ差し迫るモノがそのときのわたしにはあって、そこに聖性や信仰心というのをみいだせなかったのだ。
              屍体、ひとりのおとこの死がそこにあると思ったのである。


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:02 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              『酒を飲む女または二日酔い』 by アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

              0
                ふたつの題名がある。
                ひとつは解る。ある女性がちいさな円卓に肘をつき、その円卓には酒瓶とおもわしきモノとそこから注がれたらしい、呑みかけのグラスがあるからだ。
                しかし、もうひとつは解らない。その女性の表情には、つよい意思の様なモノが感じられるのだ。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:48 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                『ハードウィックホールのエリザベス1世の肖像』 by ニコラス・ヒリアード

                0
                  「当時の貴婦人の服装は、極端に胸をしめつけ、袖を優雅にふくらませ、腰から下に大きく張ったフープ(鯨骨の枠)を入れて、スカートをふくらませるという、豪華なものであった。」
                  澁澤龍彦 / Tatsuhiko Shibusawa著『女のエピソード』)


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:54 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『落穂拾い』 by ジャン=フランソワ・ミレー

                  0
                    ひろい農場に、腰をかがめる3人の女性。いつまでも続くその作業のためか、永遠にとまってしまったかの様な印象を受ける。腰がまがったまま、このままき動きひとつできないのでは、と思えてしまうのだ。彼女達が拾うべきモノは、このひろさのなかにあってしかもごくわずかだ。
                    背景にある木立が、彼女達とおなじ様なかたちを描いて風に揺れている。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:05 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    『ボトルラック(瓶乾燥器)』 by マルセル・デュシャン

                    0
                      いくつかの円形を繋ぎ合わせて、円錐の様な紡錘の様な骨組みを形作る。そしてそれらの円形の辺に、いくつもいくつも突起を付け加える。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:51 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ