<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『エステ家の公女』 by ピサネロ

0
    濃い緑を背景にして浮き上がる白い肌。通した袖の赤さもそれを強調する。
    静かな佇まいのこの女性の、整った顔立ちは、憂いとも哀しみとも解釈可能ではあるが、それらとは全く逆の感情が潜んでいないとは限らない。
    彼女の内心は如何様にも解釈する事が可能な様にも思えるのだ。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:32 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    『小鳥のいる聖家族』 by バルトロメ・エステバン・ペレス・ムリーリョ

    0
      幼児が掌にした小鳥を仔犬の前にかざして戯れている。
      父親は、息子のおいたの、度がすぎない様に優しく子供を支えている。
      そんな光景を傍らにみて母親は、自身の手仕事を休めるのであった。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:31 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      『マルゲリータ』 by アメデオ・モディリアーニ

      0
        椅子の背に左腕をもたらせ、こちらを凝視める女性。
        紅く濡れている唇の、その口許には笑みが浮かんでいる。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:24 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『小アグリッピナの大理石像』

        0
          「<前略>彼女が殺されると、かわってアグリッピーナが皇妃の地位についた。彼女の三度目の結婚である。こうして権力の座につくと、アグリッピーナは、たちまち邪魔な夫を毒殺して、自分の息子のネロを皇帝の地位につけてやる。ところが、あくまで権勢欲の強い彼女は、今度は息子と争うようになる。」



          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:28 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          『突撃する近衛兵将校(D氏の騎馬肖像)』 by テオドール・ジェリコー

          0
            前肢を高々とあげて荒ぶる白馬に騎乗するその人物は、おのれの背後に眼を向ける。
            そして、おそらくその次の瞬間、右掌にした白刃を高々と挙げて、こう叫ぶのだ。
            「突撃開始」と。


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:07 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『キリスト』 by フェルナンド・ボテロ

            0
              「カーワーイーイ」


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:20 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              作者不詳『彩絵女立俑(侍女俑)』

              0
                ふっくらとした顔とほっこりとしたお腹、そしてゆったりとした衣服は、緩やかに彼女の身体を包む。
                ここにあるのは、そんな長閑な曲線ばかり。
                頬に浮かぶ紅色も、彼女のこころの有様を伝えている様だ。

                "Painted Pottery Female" by Anonymous

                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:24 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                『仮面舞踏会』 by フェルディナント・フォン・レズニチェク

                0
                  本作品の副題は、以下の通りである。

                  お嬢さん、お一人ですかな? いいえ、今年いっぱいは予約済みですの。来年だったら、かまいませんことよ / "Na, bist du frei, kleine Krabbe?" - "Heuer nimmer, aber furs nachste Jahr kannst dich vormerken lassen."


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:57 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『メキシコ湾流』 by ウィンスロー・ホーマー

                  0
                    波は高く、その高い波に翻弄されるがままに、舟は自ら動く事も出来ず、漂流しているかの様だ。
                    波下には、獰猛な鮫が何匹も回遊し、遥か彼方には嵐の予感もするのである。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:07 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    『外桜田弁慶堀糀町』 from 『名所江戸百景』 by 歌川広重

                    0
                      緩やかな曲線を幾重にも描く堀に寄り添う様に穏やかに道が延びている。
                      行く人は誰も、笠をかぶるか、傘をさす。おそらく、初夏なのであろう。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ