<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Connie Francis in "Where The Boys Are"

0
    Till He Holds Me I'll Wait Impatiently
    in the movie "Where The Boys Are" 1960 directed by Henry Levin.

    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : this year's model * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    短歌:長月ニ詠メル

    0
      DSC_0002.JPG
      夕まだ来 夏ののこり香 むせるいま むかしのきみの 肌理の潤ほひ
      るい詠める



      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:17 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      『ジャングルポケット / Jungle Pocket』performed by bonobonos return

      0
        ジャングルポッケ ジャングルポッケ
        "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
        ジャングルポッケ
        "(´ω` "人" "(´ω` "人"
        ぼくのポケットはジャングルだ
        (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
        いろんなどうぶつ すんでいる
        "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
        ポケットのなかに すんでいる
        "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        "Dazed And Confused" by Led Zeppelin(『幻惑されて』 by レッド・ツェッペリン)

        0
          月がかわったらすごしやすくなった、でも ...。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          詩『せつなさ:Wistful』

          0
            なにかが不足しているわけではない
            もちろん、みちたりてなどいない
            けっしておとろえているわけではない
            だからといって、健康とはいいがたい

            うめられない
            ピースのいくつかがみつからない
            そしてそれがなんなのかわからない

            あせをかけばぬぐえばいい
            ハンケチでもタオルでも
            でもそれではすくわれない

            むねにあなはぽっかりとあいている
            でもそれはいまにはじまったことではない
            さいしょから
            そしてそれをしっているだけにさらによけいに
            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『画家の自画像』 by 横尾忠則

            0
              まっかな背景にうかぶひとりの男性の頭部。
              その存在を御構い無しに、稚戯にも似た描線が描き散らされている。山々、太陽と雲、流れる河に、育つ樹々。
              そして、それらの手前にある人物? がひとつの星をみつける。

              "Artist By Artist (Self Portrait)" by Tadanori Yokoo

              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:46 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              短歌:夜伽テ詠メル

              0
                DSC_0001.JPG
                肌ふたつ 滲みて濡るる あせとあせ 終はらぬ夏に めざめぬ夢を
                るい詠める

                るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:12 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                『青い風 / Blue Wind』performed by bonobonos return

                0
                  ますみの青空 はるばると
                  (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
                  心もほがらかな 青い風
                  "o(´ω` "o) "o(´ω` "o)
                  ひばりも空から 呼んでいる
                  (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
                  みんなで行こうよ 元気よく
                  "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
                  希望の光が 満ちわたる
                  "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  "I Need A Man To Love" by Big Brother And The Holding Company(『愛する人が欲しい』 by ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー)

                  0
                    前回とは真逆。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    詩『わすれもの:A Thing Left Behind』

                    0
                      こころのこりがあるんだ、
                      そのひとことをのこしてもときたみちをそのひとはひきかえす
                      ひとりっきりになったわたしはどうしたらいいのだろう

                      ぬけがらは、はばたいていってしまったむしののこりものだ
                      そのむしはかつてのじぶんをふりかえるだろうか
                      そんな行為を否定する そのために脱皮の痕跡があるのではないだろうか

                      そんなことをそこでかんがえる

                      過去 それがあるのは唯一、ひとだけではないだろうか
                      だからひとは変態しないのだ

                      そんなことをいまここでかんがえている

                      ところで、
                      うしろをふりむきもせずにかけだしていったそのひとの
                      わたしはこころのこりとなりうるのだろうか
                      さっきからずっとそのひとのことばかりをわたしはかんがえているのに
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ