<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

短歌:上リ坂ニテ詠メル

0
    DSC_0001.JPG
    まつ辻を よたりいつたり かけぬけて なくしんがりは 吾かとおぼゆ
    るい詠める



    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:17 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    The White Day 2018

    0
      We've Really Got A Good Thing Going

      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * works : greetings * 00:00 * comments(0) * trackbacks(1) * -

      『ありがとう さようなら / Thank You And Goodbye』performed by bonobonos return

      0
        ありがとう・さようなら ともだち
        (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
        ひとつずつの笑顔 はずむ声
        (o" ´ω`)人(´ω` "o)
        夏の日ざしにも 冬の空の下でも
        "ヽ( ´ω`)人( ´ω`)ノ"
        みんなまぶしく 輝いていた
        (o" ´ω`)人(´ω` "o)
        ありがとう・さようなら ともだち
        (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        "Diamonds Are Forever" by Shirley Bassey(『ダイヤモンドは永遠に』 by シャーリー・バッシー)

        0
          前回同様、カニエ・ウェスト / Kanye Westのサンプリング素材。
          ダイヤモンドは永遠に / Diamonds From Sierra Leone』(アルバム『レイト・レジストレーション / Late Registration』収録)に起用されています。

          for the movie "Diamonds Are Forever" directed by Guy Hamilton

          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          詩『うぶ湯:Given The First Bath』

          0
            おぼろげなひかりが次第にかたちをなしていく
            あわい微妙な色彩にいろどられたいくつもの矩形
            まだすわらない頸がみつめるのはそんな光景なのだろう

            なぜここにいるのかもわからぬ
            なぜいまなのかもわからぬ
            しかも、おのれというもの自体がわからぬ
            だからさけぶのだ

            ひとはかつてのおのれとてらしあわせて
            さもそれが自身のことであるかのようにかたる
            悦びも 哀しみも
            そして嘆く 嗚呼

            そんな重圧などしらぬ
            わたしはわたしでていっぱいなのだ
            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『自画像』 by マリー・ローランサン

            0
              きれながの眼、まっすぐにながい鼻梁、きりりと締められた紅いくちびる、無造作にたばねあげた髪が描く稜線はそのまま頰の輪郭へとつながり、ながい首筋をへて、すとんと肩へとおちる。

              images

              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:45 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              短歌:雨ノ朝寒キニ詠メル

              0
                DSC_0001.JPG
                気がかりを そのままにして 年度末 露先うかぶも にじみて落つる
                るい詠める



                るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:17 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                『巣立ちの歌 / A Song For Leaving The Nest』performed by bonobonos return

                0
                  花の色 雲の影
                  (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
                  なつかしい あの思い出
                  "人" ´ω`) "人" ´ω`)"
                  過ぎし日の 窓にのこして
                  "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
                  巣立ちゆく 今日の別れ
                  "(´ω` "人" "(´ω` "人"
                  いざさらば さらば先生
                  (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
                  いざさらば さらば友よ
                  "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
                  美しい 明日の日のため
                  "ヽ( ´ω`)人( ´ω`)ノ"
                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  "Try A Little Tenderness" by Otis Redding(『トライ・ア・リトル・テンダネス』 by オーティス・レディング)

                  0
                    そう謂えば、カニエ・ウェスト / Kanye Westが『オーティス / Otis』(アルバム『ウォッチ・ザ・スローン / Watch The Throne』収録)でサンプリングしているんですよね。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    詩『スマホ: A Cell』

                    0
                      視界のむこうにそれはある
                      はくぎんいろの四辺形だ
                      ひずんでみえるのはそれ自身のせいじゃない
                      みつめるわたし自身がゆがんでいるからだ

                      けぎらうふりをしてみせるのは正鵠をいようとしてばかりいるからだ
                      さもなければ、正論しかかたろうとしていないから
                      でもそれはそれ自身のせいでもない
                      だからといってわたしがねじけているともいいたくない

                      かつてはわたしがかたりたいだけかたる それだけだった
                      わたしのみたいもの わたしのききたいもの わたしがせっしていたいもの
                      それだけに掌がとどく そしてそれで充分なのだ いまでもそうおもっている

                      たとえ信頼をおくにたるものであっても いつかどこかでうらぎりがはじまる
                      そのひとはそういった

                      こいつもそんな婢女のひとりだ
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ